女性の悩み|辛いナプキンかぶれの悩みは解決できる【デリケート問題を改善】
女性

辛いナプキンかぶれの悩みは解決できる【デリケート問題を改善】

女性の悩み

ヒップ

体に良いこと始めよう

女性は毎月の生理で生涯どれだけナプキンを使うのでしょう。生理は約7日ほどで終わる人がほとんどですから、年間にすると相当な時間ナプキンを当てていることになります。皮膚が弱い人はデリケートゾーンのかぶれやかゆみが起こってもおかしくありません。このかぶれはナプキンを長時間交換しないことなどによるムレが原因で起こるとされます。経血で湿った状態が続くので細菌が繁殖しやすいわけです。また生理中は体の抵抗力も弱っていることも原因の一つですから睡眠不足やストレスにも気を付けなければいけません。かぶれと言っても他の病気が考えられることもあり、かゆみやポロポロしたおりものが出るカンジダ膣炎や緑色のおりものが出るトリコモナス膣炎などは婦人科などのクリニックの受診が必要とされるものもあります。

いろいろ試して見つけよう

ただのかぶれであれば使い捨てナプキンをいつもと違うメーカーに変えてみるだけで治る場合もあります。また、皮膚が弱い人だと下着もナプキンも綿のものに変えることで改善させると考えられます。特に布ナプキンだと下着と同じ感覚になりますので、どうしても改善されない場合は試してみてはいかがでしょうか。生理痛の改善にも布ナプキンが有効のようですので、鎮痛剤を服用するよりは体に影響もなく安全です。また、生理中はできるだけノンアルコールのウェットティッシュでデリケートゾーンを拭くことや、トイレの洗浄機能を利用して清潔にしておくことでかぶれも軽減されるでしょう。